development‎ > ‎

integration

4月中旬より QSAT-EOSの最終組み立てが始まった.昨年3月以来である.

組立ドーリー

Az-El回転できるよ!

底面パネル組立 (4月20日)


衛星の組み立てはここから始まる

構体パネル組立とリアクションホイール組みつけ


上面(地球指向面)パネル

姿勢制御ユニットと理学磁気センサー

RF素子

スターセンサ、バッテリーも取り付いて,バス機器のインテグレーションはほぼ終了. (5月10日)


ミッション機器(光学カメラ)搭載

待ちに待った光学カメラが完成してEN70に納入

QSAT-EOSでは一番高価な機器である!

EN70から外の風景を撮影
(残念ながら遠くの山は霞んでいる.近場の風レンズ風車を狙う.)

市販デジカメ映像,右が本カメラ画像.
ピントが合っていない.
実は、カメラは真空中での焦点調整であり,大気中ではピンボケである.
これでいいのだ!


ハンドリングジグを取り付け,衛星装着の準備.
慎重に装着.

これで衛星の心臓が動き出した.