blog‎ > ‎

Workshop on Debris Removal

2012/06/20 4:54 に Qps Kenkysho が投稿   [ 2013/02/22 5:51 に Shunsuke Onishi さんが更新しました ]
Active Debris Removal (ADR)の会議がパリにあるCNES本部で開かれた。2009年のIridiumとCOSMOSの衝突以来、ADRは宇宙活動のMajor Issueとなりつつある。欧、米、日、露の活動が報告されたが、中でも欧州企業が極めて活発に基礎技術の育成にまともに取り組んでいることが印象的であった。また、このような会議の大事なファンクションは、裏で行われる会社やAgencyの接触。JAXAもそれなりにやっていたし、わがi-QPSもしかり。実るかどうかは神の判断。

CNES本部はパリの中心地にある。

主催者、C. Bonnalと満杯の聴衆。

ADRの候補技術は出揃った!

欧州活動は富士山型であるのに対し、日本はスカイタワー風。技術の高さは目立つが、しっかりした周辺への広がりに欠けることが将来的には弱みとなりかねない。JAXAには大学、企業への関連技術開発のサポートを広げることを望むところである。
Comments